愛知県の土地に関する調査・測量・筆界・ADR手続きなら愛知県土地家屋調査士会にご相談ください

組織概要

会長よりご挨拶

令和2年度 共助、自助

愛知県土地家屋調査士会ホームページにアクセスいただき、誠にありがとうございます。
令和2年6月、コロナ禍が続く中、こんな想いを会長挨拶にかえさせていただきます。
平成18年(2006年)のノーベル平和賞は、貧しい人々に対し、無担保で少額を融資するサービスを行ったバングラデシュのグラミン銀行と、その創始者ムハマド・ユヌス氏に贈られました。
かつて、国内に多く存した相互銀行は、昭和26年(1951年)に、相互銀行法が施行されるまでは、無尽会社として、明治、大正と、日本の重要な金融機関の地位を占めていました。
関東では無尽(むじん)、上方では頼母子講(たのもしこう)と言われたこの相互扶助システムは、平安の世から、村落共同体の相互扶助的救済、公共事業、あるいは地元の宗教的信仰行事を担い、今でいう消費者金融、定期積立金制度や割賦償還制の相互貸付といいますから、現在のJA・農業協同組合の事業の中に、その名残が残っているようです。
このシステムは、そのまま親睦組織としても存在する組合そのものです。
毎年、幾度か集会を行って、その都度、懸銭を集金し、入札又はクジ引きにより、一人に取足(とりあし)として貸与し、順番に取足が全員に行き渡ったところで頼母子講の目的は達せられ、満期を迎える。また、組合の中でも、死亡の順による、相互生命保険制度となる無常講というルールもありました。
ちょうど、70周年を迎える愛知県土地家屋調査士会の35年前、昭和61年の総会は、内海温泉旅侶魚友の大宴会場において(会務通信NO.273平成30年5月号P6~P10)開催されましたが、総合年金共済という相互扶助的資金の運用、いわば無常講が、総会議事次第のメインとして、協議、審議されました。
会は、会員の為に外から仕事を獲得してくれるものではないが、少なくとも、会員同士の親睦とこの共済制度こそが、帰属意識の拠り所となっていたと思い出されます。
会長伊藤直樹も、4年目を迎えます。先の5月29日本会総会を、前代未聞の変則開催することとなり、1,100名余りの会員のみなさんが、帰属意識の拠り所のひとつである最大イベント、支部対抗親善ソフトボール大会も中止となり、定例研修会は片方向のWEB配信。残念の一言しかありません。 世界的な第2波、第3波の感染の可能性が考えられる状況からして、いつまでマスク着用生活が続くものか全く不明の日々ですが、何とか、帰属意識を保ちうる施策を考える時と認識し、協議に係る情報の発信を継続してまいりますので、この一年間、これまで以上に、愛知県土地家屋調査士会活動に注目いただきますよう、お願い申し上げます。

愛知県土地家屋調査士会
会長 伊藤直樹

沿革

1950年(昭和25年)

11月20日

名古屋市中区大池町商工会議所において設立総会 名称 名古屋土地家屋調査士会

12月16日

事務所 名古屋市中区新栄町2丁目6番地

1951年(昭和26年)

04月01日

事務所 名古屋市東区葵町30番地

1956年(昭和31年)

01月01日

事務所 名古屋市東区葵町22番地

1957年(昭和32年)

07月01日

事務所 名古屋市東区小川町65番地

1958年(昭和33年)

07月01日

事務所 名古屋市東区葵町22番地

1959年(昭和34年)

12月01日

事務所 名古屋市東区小川町25番地

1962年(昭和37年)

09月01日

事務所 名古屋市東区小川町49番地 玉野ビル3階

12月16日

事務所 名古屋市中区新栄町2丁目6番地

1964年(昭和39年)

09月11日

事務所 名古屋市東区小川町50番地 センターオオタビル2階

会運営合理化対策委員会設置

1967年(昭和42年)

11月

厚生福祉準備委員会設置

1968年(昭和43年)

03月

事務所 名古屋市東区東外堀町1丁目2番地 若尾ビル2階

07月01日

用紙等頒布規程・共済会規程施行

07月30日

調査測量基準作成委員会設置

1970年(昭和45年)

07月15日

名古屋商工会議所において20周年記念大会開催

10月01日

名古屋市守山区北山地区において法17条地図作製作業開始

1971年(昭和46年)

04月

調査測量実施規程施行

07月05日

嘱託業務委員会設置

1972年(昭和47年)

08月09日

愛知県公共嘱託登記委員会設置

1974年(昭和49年)

04月01日

事務所 名古屋市東区主税町2丁目3番地 法務総合ビル6階(会館取得)

06月29日

法調表示登記事務研究会運営規程制定

1977年(昭和52年)

11月

名古屋市守山区瀬古地区において図根点設置作業実施

1978年(昭和53年)

02月22日

第1回新入会員研修会(主催:日本土地家屋調査士会中部ブロック協議会)開催

1980年(昭和55年)

07月01日

会名を「愛知県土地家屋調査士会」とする。

1982年(昭和57年)

07月01日

共済会規則総合年金共済規約施行

1983年(昭和58年)

01月30日

第1回無料よろず相談(主催:名古屋自由業団体連絡協議会)開催

07月01日

日調連自家共済加入

1985年(昭和60年)

05月31日

資料整備委員会設置

11月13日

(社)愛知県公共嘱託登記土地家屋調査士協会設立

1986年(昭和61年)

05月01日

愛知県土地家屋調査士会資料センター設置

09月01日

土地家屋調査士調査・測量実施要領改訂版発刊

1989年(平成元年)

01月

愛知郡東郷町地図混乱地域において基準点設置作業実施

06月07日

役員選任規則に基づく役員選挙実施

1990年(平成02年)

05月23日

40周年記念式典を「名古屋東急ホテル」で開催

06月18日

筆界管理鑑定委員会設立

08月11日

40周年記念市民公開講演会を「白鳥センチュリープラザ」で開催

10月01日

土地家屋調査士調査・測量作業マニュアル発刊

1993年(平成05年)

10月01日

土地家屋調査士実務便覧発刊

1994年(平成06年)

09月30日

共済会規則総合年金共済規約制度廃止

10月01日

愛知県土地家屋調査士会職印台紙規則制定

10月18日

名古屋法務局に登記基準原点設置

11月28日

第1回「あいち境界シンポジウム」開催

1997年(平成09年)

06月19日

名古屋市東区主税町2丁目3番地 法務総合ビル5階部分を取得

2000年(平成12年)

12月03日

調査士制度50周年記念事業(吉村作治先生講演会、伊能ウオーク参加、名古屋市消防音楽隊演奏会など)

2001年(平成13年)

05月28日

愛知県土地家屋調査士政治連盟設立

2002年(平成14年)

01月

土地家屋調査士調査・測量実施要領補足版発刊

02月16日

文化講演会(ジョン・ギャスライト氏講演会、映画「伊能忠敬」上映

10月01日

あいち境界問題相談センター設立

12月01日

Web資料センター運用開始

2003年(平成15年)

02月15日

文化講演会(堀江謙一氏講演会、映画「太平洋ひとりぼっち」上映)

2004年(平成16年)

10月30日

アメリカ伊能大図里帰りフロア展inナゴヤドーム開催

2005年(平成17年)

02月28日

名古屋市西区新道1丁目2番25号に新会館建設、事務所移転

2006年(平成18年)

01月20日

筆界特定制度施行に伴い名古屋法務局筆界調査委員を任命(会員25名)

10月17日

第1回民間紛争解決手続(ADR)代理人認定証書授与式(名古屋法務局・会員64名)

2007年(平成19年)

12月04日

土地家屋調査士法第3条第1項第7号の規定に基づき、同号の団体として法務大臣の指定を受ける。

2008年(平成20年)

09月30日

共済会規則、一般共済規約廃止、10月1日より慶弔規則施行

2009年(平成21年)

01月

不動産登記規則第93条不動産調査報告書記載要領(名古屋法務局内)発刊

01月10日

名古屋市内の小学生を対象に演劇「土地家屋調査士と長靴をはいたネコ」上演(名古屋市公会堂)

05月

特例方式によるオンライン登記申請マニュアル(日調連中部ブロック協議会)発刊

2010年(平成22年)

02月01日

ADR法認証に向けて愛知県弁護士会と協定書調印

2011年(平成23年)

03月29日

あいち境界問題相談センター法務大臣認証を取得

09月22日

名城大学法学部において寄附講座が開講

2012年(平成24年)

02月03日

第17回あいち境界シンポジウム「東日本大震災その時とこれから~土地家屋調査士による復興支援」

2013年(平成25年)

05月08日

東三河8市町と災害時における家屋被害状況調査に関する協定を締結

2014年(平成26年)

11月02日

ゆるキャラグランプリ2014inあいちセントレア「きょうかい君」「あいちゃん」境界杭の重要性をPR

2015年(平成27年)

11月20日

司法書士会との共催により「空き家対策の推進に関する特別措置法」研修会を開催

2016年(平成28年)

01月27日

名古屋市と「被災後の復旧・復興に必要な測量業務の協力に関する協定」を締結

11月22日

名古屋市と「空家等対策の推進に関する協定」を締結

2017年(平成29年)

08月24日

岡崎市と「空家等対策の推進に関する協定」を締結

09月26日

タウンミーティング 熱田支部をかわきりに県下11会場で実施

10月05日

新城市と「空家等対策の推進に関する協定」を締結

10月23日

調査士会館の大規模修繕工事実施

2018年(平成30年)

05月25日

25年ぶりに定額会費の値上げ及び補助者人数に係る追加会費導入を承認可決する

2019年(令和元年)

04月01日

一般社団法人調査士愛知協働会設立

2020年(令和02年)

01月15日

狭あい道路の解消をテーマに第20回「あいち境界シンポジウム」開催

04月17日

新型コロナウイルス感染予防のため会館利用を一時制限

09月25日

支部委託研修を県下5会場で開催「本会の組織改革、コロナ禍の対応他」

2021年(令和03年)

01月05日

コロナ禍による会則改正、臨時総会開催

組織構成

愛知県土地家屋調査士会は、1950年(昭和25年)に設立した組織です。
県内11支部に所属する土地家屋調査士が、土地や建物の表示に関する登記に必要な調査・測量・申請手続きなどを行います。
また、土地の登記無料相談会や境界杭の重要性をPRする活動、境界シンポジウムの開催などを行なっております。

会員名簿ページはこちら 会員名簿ページはこちら 会員名簿ページはこちら

処分に関する事項

懲戒処分情報はこちら

↑ PAGE TOP