愛知県土地家屋調査士会概要

会長よりご挨拶

 平成29年5月31日、前任茶谷和裕を後継し、新しく会長を拝命いたしました。
 私達土地家屋調査士は、土地や建物の表示に関する登記のための調査・測量を行い、法務局に申請手続の代理を行うことをベースに、国民の重要な財産である不動産を守り、日常の不動産管理、そして取引の安全に寄与しています。
 不動産を所有される国民は、新たに取得する土地の現況を把握したり、新築した建物がどのような保有課税の客体であるのか自主申告することを、不動産登記法により義務とされています。
 私共は、37万k㎡の日本国土を私的分有する自由を保持するルールを遵守する、フォロー役を務めていると自負しています。
 このホームページを開かれた貴方にとって、土地家屋調査士というネーミングはいかがでしょうか。どのような仕事をしているのか、御存知でしたでしょうか。
貴方が土地の境界紛争に関して、弁護士さんに相談していただくと、現地で私共がお待ちしています。
貴方が司法書士に登記手続を相談されると、ご自宅や貴方の所有地に私共がお訪ねします。
不動産に関する関連業務は宅地建物取引業者、建築士、行政書士、税理士、不動産鑑定士等と、様々な形で協働いたします。そのベースの仕事を私共がまずは担当いたします。
 本来はダイレクトに土地家屋調査士にご用命いただければ、よりスムーズに問題が解決出来るのですが、これまで私共のPR不足があったと反省もしています。

 愛知県土地家屋調査士会は、愛知県内の1,100名余の土地家屋調査士、40数余の法人が法定強制入会によって組織化された国家資格者団体であり、その構成員は全国でも2番目の登録数を数え、県下54市町村には必ず事務所を置いている、身近な不動産実務家です。
 また、官公署の表示に関する登記嘱託が適正かつ円滑に実施できるよう設立された公益社団法人愛知県公共嘱託土地家屋調査士協会も、全国で最も活躍している法人として、当会と緊密な連携のもとに、国民の権利の明解化に寄与し、活躍しています。
 今後共、昭和25年に議員立法により創設していただいた土地家屋調査士法を遵守し、又、自ら政治連盟を組成しながら、その改良も視野に入れ、もっと身近な、お気軽にお声掛けいただけるパートナーとなるべく、研鑚してまいります。

愛知県土地家屋調査士会
会長 伊藤直樹





会務始動報告
 

                                                        
 就任以来、精力的に動いている認識はありながら、どうも形に残る物がないままに、1ヶ月余りが経過しました。
 会務通信の発行は、7月後半となると広報部から報告を受け、さすがに愛知会の情報発信が2ヶ月間、何も出来ないことに会長として責任を感じています。
 こうしている内にも、会員のみなさんの事務所運営・土地家屋調査士業務展開は、日々継続されていることでしょう。
 5月31日の総会における新会長挨拶の中で、強い土地家屋調査士像を打ち出す旨、触れさせていただきましたが、私の所信は新しい役員さん迄には伝えさせていただいたものの、1100名余の県下会員のみなさんには周知出来ずに、時間が経っていきます。

 ひとつ、話題を挙げます。
 今年5月29日に法務省は、新たな試みとして「法定相続情報証明制度」の申出、証明発行を始めました。
 戸籍法第10条の2では、戸籍等の職務上請求権を8つの士業に認めています。
 私共土地家屋調査士は、表示登記に係る業務を行なうに際して、戸籍謄本等職務上請求書を用いて、相続戸籍を収集します。登記等に関しない場合には依頼者の依頼があっても職務上請求そのものは使用不可。

 ところが、このたび法務省民事局民事第1課の案内によると、8士業の誰もが、相続人からの委任状をいただき、常日頃、戸籍の解析能力がある以上、出生から死亡までの被相続人の除籍等を市町村窓口にて取得した上で、更に法定相続人の戸籍、そして現住所を確知し、これを「法定相続情報一覧図」として法務局に提出し、登記官の認証文を付した写しの交付をうけることは、上述の職務上請求とは別途、受任できるとなっています。
 報酬は土地家屋調査士の領収書にて、附随業務として、適宜収集の難易度によって、相続人から受領してください。
 この交付をうけた一覧図を用いて、依頼者は例えば、ゆうちょ銀行に出向き、別途自身で作成された遺産分割協議書を提出し、貯金の払戻手続をすることが出来ます。
 調査士法第3条業務、施行規則第29条調査士法人の業務拡大について、今、民事第2課と連合会において調整中ですが、本証明制度においては別途土地家屋調査士の権能を生かすことを、法務省が前向きに奨励してくれています。
 新しい取組みに際し、従来の殻を壊して、まずは取り組んでいく、そんな考え方物事の捉え方が求められています。

平成29年7月
会長 伊藤直樹




所在地

名称 愛知県土地家屋調査士会
(英語表記 Aichi Land and House Investigator's Associations)
所在地 〒451-0043 名古屋市西区新道1丁目2番25号
TEL&FAX TEL: 052-586-1200
FAX: 052-586-1222

組織構成


情報公開

会則 愛知県土地家屋調査士会 会則  PDF
役員名簿 愛知県土地家屋調査士会 平成29年度役員名簿
事業計画 平成29年度定時総会において承認された事業計画 PDF
会計予算 平成29年度定時総会において承認された一般会計並びに特別会計の予算の要旨 PDF
事業報告 平成29年度定時総会において報告された事業報告(平成28年度分) PDF
会計報告平成29年度定時総会において承認を受けた一般会計並びに特別会計収支決算書、
正味財産増減計算書、貸借対照表及び財産目録の要旨(平成28年度分) PDF
報酬に関する統計 平成25年度実施報酬に関する実態調査※に基づく回答額 PDF
(日本土地家屋調査士会連合会まとめ)
※平成25年8月8日から平成25年10月31日まで調査実施
支部に関する事項 平成29年度 各支部概要(支部長、支部所在地等) PDF

会員名簿

名古屋東支部 名古屋市東区 名古屋市守山区 名古屋市名東区 長久手市 瀬戸市
尾張旭市
名古屋西支部 名古屋市中村区 名古屋市西区 清須市 津島市 愛西市 海部郡蟹江町
海部郡飛島村 海部郡大治町 弥富市 あま市
名古屋北支部 名古屋市中区 名古屋市北区 春日井市 小牧市 西春日井郡豊山町
北名古屋市
昭和支部 名古屋市昭和区 名古屋市千種区 名古屋市瑞穂区 名古屋市天白区
日進市 愛知郡東郷町
熱田支部 名古屋市熱田区 名古屋市南区 名古屋市中川区 名古屋市港区
名古屋市緑区 豊明市
一宮支部 一宮市 稲沢市 江南市 岩倉市 犬山市 丹羽郡扶桑町 丹羽郡大口町
知多支部 半田市 常滑市 大府市 知多郡阿久比町 知多郡武豊町 知多郡南知多町
知多郡美浜町 知多郡東浦町 東海市 知多市
岡崎支部 岡崎市 額田郡幸田町 安城市 刈谷市 知立市 碧南市 高浜市 西尾市
豊田支部 豊田市 みよし市
東三支部 豊橋市 田原市 豊川市 蒲郡市
新城支部 新城市 北設楽郡設楽町 北設楽郡豊根村 北設楽郡東栄町
法人会員 法人会員

処分に関する事項

会則に定める期間の官報記事の掲載

日本土地家屋調査士会連合会における懲戒処分情報